Instructor

  • 武田 留里 Ruri Takeda プロフィール
    スタジオ Le Lien 武田留里
       略歴はこちら

    皆様、はじまして。
    Le Lien Pilates & Wellness StudioのHPをご覧いただき誠にありがとうございます。

    私が、ヨガ・ピラティスに出会ったのは平成16年の頃、アメリカにダンス留学をしている時に身体のメンテナンスの為に始めたのがきっかけでした。
    初めてレッスンを受け時、身体と心の心地よさとインストラクターの方の温かく優しいレッスンに魅了され、毎日のようにスタジオへ通うようになりました。
    レッスンを受けて気づいたのが、日々の身体状態は違うこと、心と身体が良い状態に変化していくことに気づいた時には、「私にはこれが必要」と訳もなく感じました。
    始めてから15年以上たつ今も毎回新しい気づきや発見を感じ、美しいインスピレーションを高めてくれるヨガ、ピラティスに出会ってよかったと実感しています。

    インストラクターを始めた20代の頃は、比較的身体も丈夫で痛いところもなく元気に過ごしていましたが、30歳を超えた頃、精神的な心労や疲労などで身体を壊したことがありました。
    その時は、身体の疲れや痛みのサインは感じていたものの、自分は大丈夫という根拠のない自信から身体に疲労を溜めてしまい、気がつけば「左顔面麻痺」という、左側の顔面が動かなくなる病気にかかりました。
    その時はじめて、自律神経の乱れや、頭痛、首肩、背中の痛みなど色々な不調を体感し、心と身体が繋がっていることに気づかされました。

    麻痺してしまった顔は自分の意思ではすぐには戻らず、薬の服用とリハビリのトレーニングを毎日行うことが必要でした。
    その当時は、この病をきっかけにゆっくり自分の身体と向き合う大切な時間にしようと考えて色々な治療に専念しました。
    きっと、インストラクターの仕事をしていなかったらかなりへこんでしまっていたと思います。
    麻痺している顔は、血液の流れやリンパの流れが滞っていたので、鍼治療、リンパケア、岩盤浴などに通って身体の循環をよくしていました。
    特に効果的だったと感じるのが、「身体を冷やさず温めて血液の流れを良くすること」そして「深呼吸」ヨガやピラティスで学んだムーブメントやポジティブに向かうマインド作りが役立ちました。
    そして、身近で支えてくださる温かい繋がりや励ましに沢山支えられたことが力になりました。

    元気な時には当たり前のように感じていた‥「身体が楽になると心も楽になるということ」それはとても大切なことで、病が完治するまでの6ヶ月間、色々と学び考えられた有り難い日々でした。

    健康でいられる今、ヨガやピラティスなどの自分の学びを通じて、人の役に立つ仕事がしたいとおもいながら働いています。

    幅広い年齢層の方々のトレーニングをさせて頂いていますが、誰1人として同じ身体、心の方はおられません。
    自分自身の身体は、自分で守る力や変化させる力が自然と備わっています。
    日々の慌ただしく色々と変化していく生活の中で、自分らしい生き生きとしたWellness Life を目指し、皆様の健康のサポートができたらと思っております。
    今後ともルリアンピラティス&ウェルネススタジオを宜しくお願い致します^ ^



    【所属 契約スタジオ】
    ・︎医療法人 橋間診療所MLFメディカルフィットネススタジオ
    ・︎株式会社 OGスポーツ コスパ 
    ・︎株式会社 セントラルスポーツ

    【資格】
    ・︎BASI certified comprehensive Instructor
    ・︎Yoga Works Teacher Training 200時間終了(全米ヨガアライアンス RYT200)
    ・︎PTCパーソナルトレーナー
    ・︎GYROKINESIS® ︎level 1 トレーナー
    ・︎ポルドブラインストラクター
    ・︎コアフィットネスローラー インストラクター
    ・︎日本マタニティヨガ協会認定 ベーシックマタニティヨガインストラクター
    ・︎Booty Barre インストラクター
    ・︎フレスコ認定 アロマフットセラピーインストラクター
    ・︎JCCA Basic インストラクター
    ・︎メンタルヘルスアドバイザー
    ・︎漢方養生指導士
    ・Fascial Movement インストラクター
    ・健康運動実践指導者